天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

4月1日に東日本復興祈念コンサート

2012/02/16 10:56:53
 讃岐まんのう太鼓東日本復興祈念コンサートが4月1日、丸亀市の綾歌総合文化会館アイレックス大ホールで開催される。

 主催する讃岐まんのう太鼓保存会(大西雅春会長)は、震災から2カ月後、神戸輪田鼓太鼓から誘われて、石巻市と女川町の避難所での激励コンサートに同行。震災後の混乱の中で、太鼓がつないだ縁と絆は強く大きくなり、今回、宮城県女川町から太鼓チーム10人を招待してともに演奏する機会が実現。より意味のあるコンサートを開催できるよう、子どもから大人まで一丸となって練習に励んでいる。

 同保存会は、青年有志により、昭和61年10月に産声を上げ、1年後に保存会に。太鼓の胴は町木と同じ“カリンの木”でできており、まんのう町の活力ある「カリンの里づくり」のシンボル的役割を担っている。郷土の歴史や祭りを太鼓で表現する若者たちの姿は、これまで数々の演奏会などで観客を魅了し、町内外に太鼓の素晴らしさを広めている。

 大西会長は「途方もない試練を突きつけられながらも再び地元を盛り上げ、多くの人々の心の復興のために懸命に立ち上がろうとしている女川潮騒太鼓。ともに手を取り合って“人が人を思いやる心”に満ちあふれた響きをみなさんに届けたい。復興への願いも込めた響きが苦悩を乗り越える力となり、素晴らしい縁や奇跡を呼び寄せることを信じて、太鼓を打ち鳴らします。想いを一つに」と力強く意気込みを語っている。

 コンサートは2部構成で、「長安への路」「まんのう華太鼓」「雷神」など独創的なオリジナル9曲のほか、子どものカリン太鼓「童翔」も披露される予定。開演は午後1時半(開場午後1時)。前売りは大人2000円(当日2500円)、小中学生1000円(同1500円)。問い合わせは、まんのう町教委〈0877(73)0108〉まで。                                       (大東 恵子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.