天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

カマタマーレの選手からサッカー学ぶ

2012/02/14 10:21:02
カマタマーレの選手からサッカー学ぶ
 高松市鬼無町でこのほど、カマタマーレ讃岐のサッカー教室が開かれた。鬼無地区コミュニティセンターの青少年健全育成協議会が「子どもに夢を持たせて 夢に向かって」をテーマに、小中学生親子を対象に行った。

 鬼無小学校運動場に集まった参加者は約100人。地元出身の北野誠監督をはじめ、選手、トレーナーら5人から指導を受けられるとあって、大人20人も加わっていた。

 小学校低学年、中学年、高学年、大人のグループに分かれ、準備運動のストレッチやボールを使ってのドリブルなどで体を暖めた後、グループごとに対抗戦。選手らは児童たちにアドバイスをしながら一緒にボールを追いかけていた。

 大人のグループはトレーニング方法のひとつとして、スポーツ選手も取り入れている多重課題(デュアルタスク)にも挑戦していた。児童らは選手のリフティングやヘディング、ボールの足さばきを目の前で見て歓声を上げたり、選手の指導を熱心に受けていた。

 野口遼太選手、瀬口拓弥選手、酒井貴政選手は「楽しい気持ちを忘れずに、スポーツに励んで」とエールを送り、参加者らはJ2昇格への応援の気持ちを込めて拍手を送った。

 教室の後は、選手との写真撮影や握手をしたり、ボールやバッグにサインをもらうなど交流のひとときも楽しんでいた。スポーツ少年団でバドミントン部に所属している横井紀歩さん(小5)は「足でするドリブルが難しくてうまくできなかったけど、みんなと楽しくできた」と話し、いつもとは違うスポーツを新鮮に体験した様子だった。                                       (横倉 ゆみ)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.