天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

葉の裏に咲いた花

2012/01/10 15:23:17
葉の裏に咲いた花
 まんのう町帆山の長野昭さん方で、8カ月ほど前から花びんに入れて水を与えていた葉の裏に小さな花が咲き始め、家族や知人らを驚かせたり珍しがらせたりしている。

 昨年4月、長野さんの誕生祝いに息子さんから贈られたフラワーアレンジメント、その花束に青い葉っぱが幾枚か添えられていた。4月末、咲き終わった花々は処分したが、この葉っぱだけはまだ青々として捨てるにしのびず、「いつまで生きるだろうか」と花びんに差して、時折水換えをしていた。

 ところが約8カ月たった昨年末ごろから、葉の裏に付き始めていた小さなイボのようなものから一輪ずつ順次、花を咲かせ始めたのだ。

 花の直径は8ミリ弱。黄緑色の大小の花びら6枚に囲まれ、葉の裏で下向きに咲く紫色でかわいい花だ。葉の長さは7、8センチほどある。家人は驚くとともに、記念すべきこの花の名前をぜひとも知りたいと思った。知人に協力を依頼し、「ルスカス」という名前が判明した。

 ルスカスは、別名・ルスクス、ヒポフイルムとも呼び、ユリ科・ルスカス属。原産はマデイラ島(ポルトガル)からコーカサスにかけてとか。

 花の付き方が面白く、葉の裏に付いたり表に付いたり、まれに両面に付くのもあるそうだ。葉のように見えるものは、枝が変化したもので「葉状枝」と言い、本物の葉は退化して葉状枝の根元にある鱗片という。

 水揚げがよく、もちのよい枝もの花材としてフラワーアレンジメントに使われたり、花屋で販売されたりもしている。

 「花の名前が分かって何より良かった」と言う長野さん方では、まだ少しあるつぼみの開花を心待ちにしている。                                      (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.