天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

赤い果実ヤブコウジ

2011/11/30 15:26:40
赤い果実ヤブコウジ
 まんのう町七箇の山道で、直径約数ミリの小さな赤い果実を付けたヤブコウジ(藪柑子)を見かけた。

 ヤブコウジは、ヤブコウジ科の常緑小低木で林内に生育し、冬になると赤い実を付ける。花は白か淡いピンクで夏、葉の根元から伸びて下向きに咲く。日本のほかに東アジア一帯に分布するとか。

 ここでは、山の斜面に沿ってかなりの数が見られたが、果実を付けているのはなぜか少なかった。それだけに、枯れ色の中で見る真っ赤な果実は美しく、かれんに見えた。

 別名をジュウリョウ(十両)と呼び、同じくヤブコウジ科のカラタチバナ(唐橘、別名百両)、マンリョウ(万両)、センリョウ科のセンリョウ(千両)とともにお金に関係のある名前から、繁栄につながる正月の縁起物とされている。                                      (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.