天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

華やかなダイヤモンドリリー

2011/11/24 14:47:45
華やかなダイヤモンドリリー
 まんのう町福良見の民家の庭先で、華やかなピンクの花ダイヤモンドリリーが咲いている。

 花茎の長さは90センチと75センチと大きい。その上に咲く花の直径は15センチと12センチほど。満開になってからもう数日以上たつが、まだ咲き始めのようで美しい。

 花形はマンジュシャゲに似ており、ヒガンバナ科・ネリネ属の半耐寒性球根植物で、原産は南アフリカ。開花期は10月から11月でピンクのほかにも白、赤などがあり、日当たりを好んで3週間以上の観賞期があるとか。

 水がなくてもしおれにくいのが特長で、切り花や花嫁のブーケ、生け花にも最適と言う優れものの花の一つ。花名のダイヤモンドリリーは、豪華な花の花弁の先端が少しちぢれてそり返り、光を浴びて輝くさまがダイヤモンドのように美しいからだと言う。

 また、別名のネリネはギリシア神話に出て来る海底の宮殿で黄金の椅子に座り「箱入り娘」のように暮らし、歌や踊りを楽しむ美しい水の妖精ネリネにちなむとも言われている。

 花名の由来を聞いた家人は「そんな大そうな名前で、3週間も咲いているとは初めて知った。なるほど、初冬も過ぎているのに華やかできれいな花だね、まだしばらくは楽しめる」と、あらためて眺め直していた。

 花言葉は、「また会う日を楽しみに」「幸せな思い出」「華やか」「輝き」「芯が強い人」「箱入り娘」「忍耐」など数多く持っている。                                        (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.