天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

会釈の重み

2011/09/27 17:01:17
 近くに、車でよく通る細めの道がある。車2台が対向するには少し狭い部分が2、3カ所あり、退避個所もあるが、どちらかが譲らなけれいけないような所のある道だ。

 早めに止まって待っている時、いろいろな相手がいる。笑顔で深々と頭を下げる人。片手をちょっと上げる人。目を合わせて首をちょっとかしげる人。偶然、知人だったりすると5本の指を開いた片手を左右に振り、口をパクパクッと動かせながら「こんにちは!」とか「ありがとう!」らしく笑顔を見せながら走り去る人。

 硬い顔つきで、首だけを何となく下げるのはまだいい。が、こちらの顔をじろっと見ただけで、目をそらす人。「ここは自分の道、待つのは当然」とばかりに目もくれず、知らん顔で走り去る人。ほんのちょっとした相手のしぐさなのに、なぜか私の気分は左右されてしまうから不思議だ。

 叔母だったかな? 「笑顔、笑顔。一銭も出さんでも(出さなくても)、あんたの値打ちは上がるんや。他人(ひと)様の気持ちも良くさせてあげるしなぁ」と、言っていたっけ。思いやりの心、笑顔の大切さ、走行車が自然と語ってくれる「会釈の重み」だった。                                           (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.