天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

男性の料理教室盛況

2011/09/06 10:09:18
男性の料理教室盛況
 まんのう町七箇の仲南公民館で9月2日、仲南地域福祉推進委員会(千葉宗和委員長)主催の「仲南地区男性料理教室」が開かれた。

 台風前であいにくの雨もようだったが、エプロンとバンダナ姿の逞(たくま)しい男性21人が参集。調理室が狭く感じられるほどの盛況ぶりの中、参加者らは和気あいあい、ヘルスメートたちの指導を受けながら一生懸命、料理作りに腕をふるった。

 この日の目的は、生活習慣病予防のためのレシピに取り組み、楽しみながら作って食べ、食生活の大切さに気付いてもらおうというものだった。

 主食は、すし飯にカニかまぼこ、チリメンジャコ、ソラマメ、ミョウガをまぜ合わせた「簡単まぜずし」。主菜には、広げた豚肉に塩、コショウをふり、長ネギと生シイタケの小口切りを巻き込み、調味料で溶いたみそ液を付けて揚げる「ヘルシーとんかつ」。

 ヘルスメートから「あんまりダンゴにしたら中まで煮えんで。平らに延ばそうな」と、アドバイスを受けながらとんかつの形を作った。深さ約2センチの少ない油で両面をこんがりと揚げ、キャベツの千切り、トマトを添えて色良く盛り付けた。

 副菜は「人参と切り干し大根のゴマ和え」に「ホタテとレタスのあっさりスープ」。切り干し大根の栄養価が、生大根の時の約10倍にはなると聞き、驚く人もいた。

 さらに、男性に人気の「おつまみミニピザ」にも挑戦。ピザソースを塗ったギョーザの皮に、タマネギのみじん切り、ピーマン、ベーコン、コーン、チーズなどを乗せてホイルを掛け、オーブンで焼くと出来上がり。ヘルシーだが、豪華メニューのごちそうを囲み、「おいしい! よう出来とる」と、自作料理に舌鼓を打ち、満足げだった。

 「今日の゛腕"が家でも生きたらいいのだけど…。でも、関心は持ってもらえたのでは」と、笑顔のヘルスメートたち。参加者の一人、和田昭三さんは「皆でワイワイ言いながら料理ができて楽しかった」と、話していた。                                       (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.