天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

洗練されたハーモニーに魅了

2011/08/18 11:22:30
洗練されたハーモニーに魅了
 宇多津町の宇多津中学校吹奏楽部(宮野聖子部長、75人)が8月9日、同町のユープラザハーモニーホールで第3回定期演奏会(指揮・岩崎義弘顧問)を開き、部員たちが奏でる洗練されたハーモニーが大勢の聴衆を魅了した。

 1部は、親しみのある「千と千尋の神隠し」で開幕。2曲目は、第59回全日本吹奏楽コンクール課題曲より「南風のマーチ」。この曲は7月30日、県民ホールで開催された吹奏楽コンクール県大会A部門で金賞に輝き、四国大会出場を勝ち取った曲だ。

 優しさと力強さに和の雰囲気が織り込められたサウンドが会場いっぱいに響き渡った。演奏からは、みんなで連日の厳しい練習を繰り返し、乗り越えてきた自信と四国大会に出場する誇りが感じ取られた。

 2部は、1年生も加わって総勢75人がスコットランド民謡「グリーンスリーブ」を演奏してスタート。1年生部員を紹介したあと、全員での合同演奏では、この日が最後となる3年生部員を一人一人紹介した。

 岩崎顧問も演奏に加わったり、各楽器ごとにパフォーマンスも披露。聞かせてながら見せる工夫を凝らした演出に仕上がっていた。アンコールは「ありがとう」。場内をホッとさせる演奏で幕を閉じた。四国大会は8月20日、松山市民会館で開催される。                                      (宮下 恵子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.