天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

親子で料理作りに挑戦

2011/08/17 10:22:25
親子で料理作りに挑戦
 坂出・宇多津地区生活研究グループは8月7日、宇多津町保健センターで「ふるさとの夏野菜を使って親子料理教室」を開催、43人の親子が料理に挑戦した。

 献立は、黒米ごはん、豚肉とナスのマヨネーズ炒め、キュウリとトマトの南蛮漬け、団子汁、野菜ジュースdeパンケーキなど。

 材料を洗って切って、塩をしたり、和えたり、絞ったり、炒めたり…。早くチャレンジしてみたい子どもからの催促が出るほど親が熱中するチームもあったが、どのグループもテキパキと料理をこなしていた。

 坂出市松山グループの2組の男性親子は「時々気に入らないお父さんだけど、本当は大好き」という息子と父親のコンビネーションはバッチリ。調理はもちろん、洗い物の片付けまで完璧で、「しし舞組でいつも片付けしているから」と得意そうな顔をしていた。

 同グループは、農山漁村物の普及がメーン活動なので、今回の献立は野菜が主人公。材料も米にはじまって、野菜のほとんどはメンバーが栽培した持ち寄りだった。「作り方も簡単で、おいしかった」という参加者の声には「新鮮な野菜のせいかも」と、ふるさとで育てた野菜のPRもしっかりしていた。

 また後日、坂出市から参加した秋山美恵子・美月・美咲さん親子から「キュウリとトマトの南蛮漬けがおいしかたので、家でもすぐに作ってみた。たくさん作ったのにアッという間に全部食べてしまった」とお礼の報告が届いた。                                     
(宮下 恵子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.