天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

被災地の復興願いコンサート

2011/07/20 11:20:30
被災地の復興願いコンサート
 地域に根ざした合唱団として、観音寺市・三豊市を拠点に積極的に活動している混声合唱団フロイデ(大西栄治団長、団員37人)がこのほど、観音寺市民会館大ホールで「第13回フロイデコンサート」を開催。観客約1000人は美しいハーモニーに聞き入っていた。

 同合唱団は結成23年、自分たちで文化の振興に取り組もうと、地域の合唱団として発足。2年に1回程度の定期コンサートのほか、市民音楽祭、香川県音楽祭、第九演奏会にも参加するなど多方面で活動している。

 コンサートは4部構成。オープニングは1970年以前の懐かしいテレビアニメ主題歌「ひょっこりひょうたん島」「月光仮面は誰でしょう」など7曲をメドレーで、振り付けを交えながら楽しく合唱した。

 2部は地域の子どもたちの歌声を聞いてもらうコーナー。全国大会に出場している観音寺市の柞田小学校合唱部(4年から6年43人)、中部中学校合唱部(1年から3年23人)がゲスト出演。日ごろの練習の成果を披露し、観客たちは澄んだ歌声に聞き入っていた。

 3部は混声合唱組曲「空に、樹に…」から「生きる」「天へ昇った川」「聞こ
える」の3曲を披露した。「世界中の惨事、人間のかなしいこと、つらいことなどに他人事と思わずみんなで受け止めよう」「自分たちに何かできることはないか」と思いめぐらせて選曲、その後、東日本大震災が起こったという。

 4部はあなたへのメッセージ。みんなが知っている大ヒット曲「時代」「心の旅」「君がいるだけで」など6曲。観客らは知っている曲ばかりなので、一緒に口づさんだり、手拍子で盛り上がった。

 最後に団員観客全員で「上を向いて歩こう」を大合唱し、大ホールに歌声と拍手が響き渡った。大西団長は「今回はステージと客席が心ひとつになってのコンサートになった。東日本大震災の被災者、合唱仲間の復興を願って心を込めて歌った。音楽を通して、みんなが少しでも元気になってくれたらうれしい」と話した。
   
 フロイデは6月から、ダメージを受けている東北地方の合唱団への支援をしようと、全日本合唱連盟を通して、HP上から呼びかけ支援につながっている。今回のコンサート収益金の中からも義援金を送った。

 フロイデでは現在団員を募集している。問い合わせ先は、大西団長〈0875(25)3785〉まで。                                      (矢野 幸子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.