天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

がんばれ! カマタマ

2011/07/19 11:02:29
がんばれ! カマタマ
 7月17日、高松市生島町の香川県営サッカー・ラグビー場で「カマタマーレ讃岐」対「MIOびわこ草津」を観戦した。

 サッカー観戦なんて、15年ほど前に広島ビッグアーチでキリンカップを観て以来だ。当時は、三浦カズやラモス、中山ゴン(敬称略)などが活躍していた時期で、ちょうど息子がサッカースポーツ少年団に入った頃だった。日本の対戦相手はイングランド。土砂降りの雨の中、レインコートを着て観戦した。

 その後、息子のサッカー観戦は何度か体験したが、寒い時期にベンチコートを着て応援した思い出しか残ってないので、今回の真夏のサッカー観戦は、わたしにとって衝撃的なものだった。

 カマタマーレ讃岐は現在、Jリーグ昇格を目指して戦っているところだが、その条件である「JFLで上位4位以内の成績」と「ホームゲーム平均観客数3千人以上」というところで、足踏み状態にある。香川県民として、微力ながらもあたま数くらいの役に立てば…と足を運んだ。

 当日の天気は「これ以上の晴天はない」というくらいのピーカン。そして会場は一部の席以外は屋根のない芝生の観覧席。大きな会場に比べると、選手たちが近くて、声まで聞こえる。まじかで見る試合はやはりTVで見るのとは格段の迫力があった。

 サポーターの熱の入った応援も新鮮だった。なかでも「生島では負けはしない! おれたちがついてる〜」という歌が印象的だった。この日は前半に2点取られ、後半に1点返したものの及ばず残念な結果になってしまったが…。

 暑い暑い1日が終わった。この日の動員数は3千人にわずかに及ばず2365人だったそうだ。保冷パックで首を冷やし、スポーツドリンクと塩飴を口に入れて熱中症予防はしたものの、日焼け止めクリームが役に立ってくれなかった。去年の残りものはやっぱり効き目が薄いらしい。しっかりこんがり焼けてしまった。この次は新しい日焼け止めクリームを塗って応援したいと思っている。                                                   (和泉 加奈江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.