天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

コイと園児の心温まる話

2011/06/30 10:44:44
コイと園児の心温まる話
 宇多津町、中央保育所の子どもたちは、週に1〜2回、保育所近くへ散歩に出かけている。梅雨の晴れ間のある日、3・4歳児45人が宇多津町保健センターの池で飼っているコイを見に出かけに行った。

 この池のコイには、一つのドラマがあった。4歳児が2歳児の時、池のコイ1匹に「たろう」と名付けた。以来、池に立ち寄っては「たろう」と呼ぶと、すぐ浮かび上がってきて、きれいな赤色の姿を見せてくれるようになった。

 しかし、ある日「たろう」がいなくなってしまった。もしかして誰かが持って帰ったのかもしれないと考え、子どもたちは「取らないでください」と、書いたポスターを池周辺に立てかけた。

 センター職員がじっと観察していると、なんと犯人は鳥だと判明した。そこで、町が池全体に網を張って保護、新しい稚魚を放流してからは、子どもたちは心配することも、ドキドキすることもなくなった。

 子どもから話を聞いた保護者も興味を持って、一緒に観察するようになっているという。この日もセンター職員が用意したパンくずや自分たちが持ってきたエサを与えてコイと楽しくふれあっていた。2歳児の時は、池まで届かなかったエサも上手に投げられるようになり、今では歩くことも上手になったそうだ。                                                     (宮下 恵子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.