天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

知る人ぞ知るアジサイロード

2011/06/23 10:14:03
知る人ぞ知るアジサイロード
 まんのう町塩入の和泉幸男さん(89)は二十数年前から、自宅の水田のあぜでアジサイを作り続けている。当時、塩入温泉が家の近くにあり、訪れる浴客たちに花を楽しんでもらおうと思って作り始めたとか。

 同温泉は25年前の1986年、小屋仕立てで発足。泉質の良さから「疲れがとれ、体に良く効く」と、ファンが連日入湯に訪れ、和泉さんのアジサイもシーズンには皆が楽しんでくれていた。

 ところがほどなく、手狭になった温泉は現在の場所に移築。さらに、10年前の2001年には、「数少ない隠れた銘泉」との好評から3度目の新装オープンをし、ますますアジサイは温泉から見えにくくなってしまった。

 だが、和泉さんが色数を増やし、手塩にかけ続けた花は、梅雨が訪れるたびにさわやかな花を咲かせ、知る人ぞ知る、今は数十メートルのアジサイロードになっている。

 和泉さんが作ったアジサイは、塩入温泉駐車場西端の「行き止」標識から下る山沿い道を数分歩くと見ることができる。赤、白、青などの花々が緑の山々や水田に鮮やかな彩りを添えて美しい。花を見るのを楽しみにして来る入湯客たちは「温泉からは見えにくくなってしまったが、癒やしの花をまた見に来たい」と、話していた。

 和泉さんは、年を経るとともに十分な世話がしづらくなって来たが、アジサイがよく見渡せる場所に家があるので、「今日は何人かが来ていた。皆が見てくれるのが何よりうれしい」と、目を細めている。                                      (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.