天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

アットホームな料理教室

2011/06/20 10:39:13
アットホームな料理教室
 高松市太田上町の自宅で料理教室を開いている佐々木由美さん(写真左)は、岡山県出身。岡山では「食工房てん」の店主として活躍し、テレビの情報番組でも取り上げられた。

 現在は、月に1〜2回、地元の主婦たちからのリクエストに応える形で、希望に添ったメニューをわかりやすく、できるだけシンプルな調理法で伝授。「素材の味を大切に」をモットーにフレンチ・イタリアン・中華・和食とレパートリーは広い。ソムリエの資格も持っているが、アルコールには弱いという。

 小学校高学年の時、隣家の従姉が焼くクッキーの香りが漂ってきて、「自分でも作ってみたい!」と思うようになり、生まれて初めて親にねだったモノが、オーブンだったとか。その時、従姉からもらったクッキーの料理本が、今でも手元にある。表紙などかなりボロボロになっている。これが、彼女の料理人としての原点に違いない。

 自宅での教室は、口コミなどで徐々に生徒が増え、また岡山から出向いてくる生徒も。さらに月2回、倉敷市の「アルブルタカキ」でお菓子教室も開催している。

 6月17日に開かれた教室は、新入生徒のリクエストに応えて「ワインに合う料理」と銘打った「ラタトゥユ」「豚かたまり肉の牛乳煮」「マッシュポテト」「蛇腹きゅうりの中華風漬もの」の4品。おしゃべりをして楽しみながら進めていく料理は「まさに家庭でプロの味」と、この日初めて参加した生徒も大満足。

 佐々木さんの口からは「感謝」という言葉が多く聞かれる。この気持ちが料理にも、周りの人たちにも伝わって、心地よいひとときを過ごすことができるのかもしれない。                                                      (和泉 加奈江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.