天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

振り込め詐欺に遭わないように

2011/06/17 12:02:50
振り込め詐欺に遭わないように
 まんのう町生間の仲南農村環境改善センターで6月15日、高齢者を対象とした今年度の「第3回仲南大学」が開かれた。

 この日のメーンは、香川県警本部生活安全企画課の安全・安心まちづくり教育隊の鎌倉貴子さんの講演「振り込め詐欺被害防止」。その聴講を通して、詐欺に遭わないことなど安全・安心な暮らしの知恵を身に付けることが狙い。

 昨年度の振り込め詐欺による香川県民の被害総額は約1千700万円。全国では約82億1千300万円だったが、これは認知総額だけなので実際にはもっと多額と言う事実にまず驚いた。

 鎌倉さんは、孫を装う巧みな犯人らにだまされた祖母の話をDVDで紹介。視聴者らは「えー、あんなに言われたら私だってだまされるわ」と、つぶやきながら恐ろしさを実感していた。

 犯人の手口や被害者の心情を丁寧に解説した鎌倉さんは、被害に遭わないための共通ポイント四つを補足した。突然の電話やメール・ファックス・はがきなどには、@あわてないA疑ってみるB確認をするC相談をするーことの4点だ。

 東日本大震災に便乗した義援金詐欺も出ているが、一般家庭への寄付要請は通常は行っていないとも話していた。また、ひったくりも増えており、「荷物は車道の反対側に向けてしっかり持ち、バックのひもはたすき掛けにして固定し、被害を減らそう」と、高齢者らの安全・安心意識の高揚を呼びかけた。

 最後に、参加者らは鎌倉さんと「金毘羅船々」の替え歌「防犯船々」の@〜Fまでを合唱した。

 Cばーちゃん おれおれ おまえは だれだい シュラシュシュシュ 確認 相談 すぐには 振り込まない 虎の子しっかり守ります いちど回れば…。

 分かりやすい言葉の替え歌は次々と続き、安全意識の深まりを感じさせていた。参加者らは「聞いているとよく分かることばかりだったが、いざとなると、自分たちもあのようにするかもしれない。これからはよく考えて行動しなければ…」と、気を引き締め合っていた。                                       (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.