天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

どっしりと立つヤマボウシ

2011/06/15 10:24:01
どっしりと立つヤマボウシ
 まんのう町七箇の香川県満濃池森林公園に、樹高10メートルあまりの大きなヤマボウシ(山法師・山帽子)が、梅雨空のもと、さわやかな花を咲かせている。

 同公園駐車場の西端から、芝生公園に向かう道を約20メートルほど下りて行き、左手の斜面を見上げた所にどっしりと立って花開くヤマボウシ。幾本かに分かれた幹の根元は太くなり、長い枝も他の樹木とからまりながら、左右に2メートルから数メートルに渡って伸びている。

 ヤマボウシは、ミズキ科・ミズキ属、ヤマボウシ亜属の落葉高木で、本州から九州に分布。ブナ林・丘陵地帯の二次林などに生育し、6〜7月が花期と言われている。

 花は淡黄色の小さな粒状で、中ほどに多数集まって咲いている。その外側に、まるで花びらのように見える白い4枚は花ではなく、総苞片(そうほうへん)と呼ばれるものとか。

 @ やまぼうし やまぼうし やまぼうしの雨にうたれて やまぼうしの花は散ったよ
 A やまぼうし やまぼうし やまぼうしの雨は降り続き やまぼうしの花が終わるよ
 B やまぼうし やまぼうし やまぼうしの雨に輝いて 思い出たち 遠く去ったよ
 C やまぼうし やまぼうし やまぼうしの雨の優しさ 白い花びらが 今も見えるよ
  (キ―ボー作詞・田辺エグ作曲「やまぼうしの雨」) 

 ここは緑に囲まれた自然豊かな森林公園。大地にひっそり、しっかりと立つ白いヤマボウシを眺めるのもまた、楽しいものでは。                                       (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.