天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

本津川のコブハクチョウ

2011/05/16 10:12:43
本津川のコブハクチョウ
 高松市を流れる本津川でハクチョウの親子が泳いでいる。
 鬼無町と飯田町に架かる本津川橋のたもとの中州で抱卵しているコブハクチョウを見かけたのは3月。あたりが若葉で覆われ始めたころ、親ハクチョウが2羽のヒナを守るようにして水面を進んでいる姿が見られるようになった。

 ヒナの体は初めは黄色がかっていたが、ほんの半月ほどですっかり白くなり首も少し伸び、ハクチョウらしくなってきていた。仲睦まじく愛らしいこの一家にカメラを向け、しきりにシャッターを切る男性のほかに、下校途中の児童、犬を連れて散歩中の女性、車で通りかかった人たちがしばし釘づけになっていた。

 「ハクちゃんと呼ぶとすぐに寄ってきていたのに」「ヒナがいるから警戒して寄ってこないのかも」「いくら見ても飽きない」「餌の食べ方を教えているようだ」と、見知らぬ人同士でも会話が弾んでいた。

 飯田町の高月池に住みついたコブハクチョウ。見物人たちは、ヒナの成長を見守りながら、心を癒やしてくれるひとときを楽しんでいる。     (横倉 ゆみ)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.