天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

耐久リレーマラソン さわやかに

2011/04/27 12:14:45
耐久リレーマラソン さわやかに
 まんのう町吉野の国営讃岐まんのう公園で4月24日、「第1回国営讃岐まんのう公園4時間耐久リレーマラソン」が開催された。香川をはじめ、岡山、徳島、愛媛、高知、兵庫、広島、鳥取の各県から、144チーム、1171人が参加、全チームが完走した。

 1チーム15人以内。4時間連続で、タスキリレーをしながら合計周回数で順位を競う競技。この日は、1周約1・43キロの周回コース(健康ゾーン特設コース)を使い、チーム全員でマラソンを楽しんだ。

 一般・男女混合・職場仲間・ストロングの4部門が設けられていたが、全部門を通して最高と最小年齢は73歳と6歳だった。また、1チームの平均年齢の最高と最小は、徳島県の男女混合部門「あおだたみランニングクラブ」の58歳と香川県の同部門「12人のさびない鉄人達」の12・2歳だった。幅の広い年齢層の人たちが、それぞれに自然を肌に感じながら楽しめる競技として人気が集まった。

 男女混合部門に、気の合う13人で参加した香川の「臨機応変」チームゼッケン78番を胸にしたメンバーは、忙しい仕事の合間を縫っては個人練習に励み、時には合同練習もしながら皆の親睦を図り、無理のない体力向上を目指してきた。
 この日、同チーム全員で走破したのは52・04キロ。144チーム中57位だった。メンバーの一人は「とても楽しかった。『参加することに意義がある』の言葉を実感。今後も、体調管理をしながら続けていきたい」と、張り切っていた。                                                        (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.