天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

丸亀高校吹奏楽部が定期演奏会

2011/04/06 10:23:45
丸亀高校吹奏楽部が定期演奏会
 丸亀高校吹奏楽部はこのほど、丸亀市の市民会館大ホールで「第29回定期演奏会」を開催、立ち見が出るほど超満員の聴衆を前に、生徒らが日ごろの練習成果を披露した。

 第1部では、昨年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」のテーマや交響組曲「ハリーポッター」、管弦楽組曲「第六の幸福をもたらす宿」などが演奏された。

 第2部は、同校OBによる演奏。いろいろな世代の卒業生たちが集まり、数少ない練習しか出来なかったということだったが、見事な演奏を披露し、客席が大変盛り上がっていた。

 演奏曲は、今流行のAKBメドレーや「桜の栞」、いきものがかりの「ありがとう」など、なじみのあるものばかり。特に「勇気100% Brass Rock」では、東日本大震災で被害に遭われた人たちへのエールを込めて、OBと現役生らがともにステージに立ち、力強い演奏を聴かせてくれた。

 続く第3部では、顧問の船橋康志先生の指揮により「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番」より、シャコンヌが演奏された。最後に、歌劇「ローエングリン」より、エルザの大聖堂への行列が演奏されたあと、船橋先生に生徒からお礼の花束が手渡された。

 また、アンコールでは、船橋先生のEuphonium(ユーフォニューム)のソロも披露され、心のこもった美しく優しい音色に、被害に遭われた人たちへのさまざまな想いが込められているように感じられ、とても感動的だった。

 演奏会のあと、生徒たちが一斉に並び、演奏を聴きに来てくれた人たちに、大きな声で「ありがとうございました!」のお礼の言葉とともに、お見送りがあった。

 数人の生徒たちが、震災義援金の募金箱を首に掛けて、募金を呼び掛けていた。「今、自分たちの力で何ができるか」をともに考え、精いっぱい「お願いします!」と声を掛けている姿が印象的だった。                                          (伊達 秀子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.