天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

岩田解説委員が経済講演

2011/02/24 16:44:57
岩田解説委員が経済講演
 観音寺市大野原町の観音寺市大豊商工会(篠原公七会長)と観音寺市大豊経営者協会(篠原公七会長)は2月21日、大豊商工会館で商工会法施行50周年の新春経済講演会を開催。読売テレビ報道局特別解説委員の岩田公雄さん(61)が「日本の進路を読む ! 〜今年の経済展望〜」と題して講演した。

 テレビの情報番組に解説者としてレギュラー出演、政治・外交などに精通し、海外取材国は40カ国を超えるメディア歴37年の岩田さん。報道記者時代に取材して体験した三井物産マニラ支店長誘拐事件、グリコ森永事件、中国天安門事件のほか、自衛隊PKO活動でカンボジアを始めモザンビーク、ルワンダ、中東などでの取材、さらに北朝鮮の平壌から3日連続生中継を初めて実現させるなど、歴史に残る数々の事件や内情を聞いた。

 今や世界第2の大国になった中国へは、ジャーナリストとしての視点から、毎年現地に出向いて変化を見ているそうだ。「現在、政治も経済も混迷しているのに、今の政治状況には首をかしげる。世界の動きがどんどん変わってきている中、政治が体たらくで失望感を持つ。30歳以上の男性が結婚しないのはなぜか、それは経済の低迷で雇用が生まれないから。今こそ政治と経済が連動してやらなければならない」と力強く訴えた。

 また政治家に対しては「早く国政を進めてほしい。もっと勉強して国民のために政治を変えていかないといけないと思う」と締めくくった。

 参加した会員40人は、岩田さんの生の声にうなずきながら興味深く聞き入り、熱心にメモを取っていた。会員らは「普段なかなか聞けない話が聞けて良かった」「経済がもう一度復活して、みんなが消費に回してくれたら」と、感想を話していた。                                      (矢野 幸子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.