天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

「讃岐の島の歴史と物語」出版

2011/02/01 10:12:01
「讃岐の島の歴史と物語」出版
 時代の変遷や近代化によって消え去ろうとしている郷土の歴史や伝統文化を記録して後世に残そうと活動するグループ「草創の会」(村田勇会長、会員11人)がこのほど、「讃岐の島の歴史と物語」を出版した。

 この本は多島美溢(あふ)れる瀬戸内海の島々14島を実際に訪れて島の人たちの人情と歴史に触れ、文化と歴史を丁寧に著したもの。随所に島に残る伝説を織り交ぜ、文中に写真を数多くとり入れている構成は、臨場感のある肩のこらない一冊といえる。

 また同会会員のほかに、木村秀雄氏の特別寄稿「咸臨丸と塩飽諸島」と香西忠夫氏の写真提供「瀬戸内民族写真館」が載っているが、この2編も興味を引く。
同会は、2006年に草創シリーズ第1弾「讃岐の街道 金毘羅参詣道」を、08年には第2弾「讃岐の古城跡と豪族たち」を出版しており、今回の「讃岐の島の歴史と物語」はシリーズ第3弾となる。

 なお、「讃岐の街道 金毘羅参詣道」と「讃岐の古城跡と豪族たち」の2冊は、県視覚障害者福祉センターが音声デイジー図書に製作し、点字・録音図書の全国最大の書誌情報をもつサピエ図書館(全国視覚障害者情報提供施設協会運営)にアップロードされており、目の不自由な人たちに読書の楽しみを広げている。今後「讃岐の島の歴史と物語」も同視覚センターで音声デイジー図書に製作される予定。

 「讃岐の島の歴史と物語」はB5判、148ページのオールカラー。定価1600円(税別)。 問い合わせは「草創の会」〈087(874)4446〉まで。                                         (野網 則子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.