天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

早くもマンサクの花

2011/01/25 10:28:17
早くもマンサクの花
 まんのう町七箇の香川県満濃池森林公園シンボルマークの西側斜面に、約20株のマンサク(満作)があるが、その数株の木の枝に、少しずつ花が咲き始めている。

 マンサクは、マンサク科の落葉小高木で、日本各地の山林に数多く自生するほか、花木としても栽培されている。2月から3月ごろ、葉に先がけて花が咲くが、ここではひと足早い開花のようだ。4枚の花びらは幅と長さが約3ミリと15ミリ、細長い黄色で少しちぢれている。

 ここにあるマンサクの中に、ひと株だけ冬の枯れ葉が落ちずに残っているものがあるが、これは中国原産のシナマンサクという種類とか。

 マンサクの花名は、春に先がけて「先ず咲く」→「まんず咲く」→そして「マンサク」と、東北地方で訛(なま)ったものだと言う説もある。だが、花が春には咲かず、秋に咲くアメリカマンサク、紅葉しながら咲き、花びらの赤いアカバナマンサクもあり「豊年満作」から付けられたと言う説もあって面白い。                                        (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.