天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

「屋号を調べてみよう会」スタート

2011/01/21 10:24:29
「屋号を調べてみよう会」スタート
 宇多津町誌(昭和33年版、昭和57年版)や宇夫階神社境内の玉垣にある宇多津町の屋号に興味を持っている人たちが1月13日、「屋号を調べてみよう会」をスタート。3月5、6の両日に開催する恒例行事「うたづの町家とおひなさん」で発表したいと張り切っている。

 町誌の中に「安政7(1860)年、宇多津村内の西光寺門徒の宗門帳を見ると、すでに種々の職業の文化を見ることが出来る」と記述。また玉垣については元文4(1739)年のものもあった。

 1回目の会合では、玉垣の屋号を拾い出し、町誌の屋号との合致点や町内のどの家のものであるかなどをチェック、判明したものは、地図上に記していった。

 現在も屋号で商売している所はいいが、更地や空き家になっていたり、まったく特定できないものもある。調査の難しさもあるが、メンバーの興味はさらに深まってきているようだ。                                              (宮下 恵子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.