天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

キダチアロエの赤い花

2011/01/19 17:09:32
キダチアロエの赤い花
 まんのう町高篠の休耕田で、キダチアロエの花に出合った。

 キダチ(木立ち)の名の通り、茎が約1メートル近く伸びて木のように立ち上がり、上部20センチほどに赤橙色の集合花を付けている。下の方から、順々に開いた花は下向きに、まだつぼみの部分は上向きに付いている。

 キダチアロエは、アフリカ原産の熱帯植物だが、暖地では戸外でもよく育つとか。そのせいか、近辺でも時々見ることができる。また、昔から「医者いらず」と言って親しまれ、使用されているせいもあるらしい。

 葉肉の内服で健胃効果があるとされ、含有するバルバロインと言う成分で便秘に効果があることから、栽培されていることも聞く。だが、体質によっては胃炎を起こしたり、継続摂取による大腸の色素沈着を起こす例もあるとか。

 また、傷ややけどに塗ると、よく効く人と、逆にそれを悪化させる人もあると言われている。「赤い花を愛(め)でるのが一番ね。花の少ない時期だから…」と、言う人の笑顔に納得させられた。                                         (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.