天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

仲南荘で初がま茶会

2011/01/05 16:24:53
仲南荘で初がま茶会
 まんのう町帆山の特別養護老人ホーム・仲南荘で1月5日午後、新年を祝う初がま茶会が開かれた。表千家教授者安西朱美さんとその社中5人がお年寄りたちにお茶を振る舞った。

 この日、目を引いたお運びさんはかわいい5人の子どもたち。矢野智美ちゃん(小1)、愛実ちゃん(5)、角野健士君(小1)、結衣ちゃん(5)、竜士君(3)だ。

 振り袖や袴(はかま)姿に正装した子どもたちに、お年寄りたちは思わず拍手。「まぁ、かわいい!」「抱いてあげたい!」などの声を、思わず発したりして喜んでいた。

 大きな子どもたちは、小さな子どもたちに手を添えたり、一緒に歩いたり。助け合って頑張り、礼儀正しく、真剣にお運びさんの大役を果たしていた。

 お年寄りたちがのどに詰まらせないようにとの配慮から、お菓子は柔らかい、こし餡(あん)の特製まんじゅう。おいしそうにほおばったり、懐紙に包んだり。みんなとても満足そうだった。

 安西さんは「この茶会、私たちの着物姿をとても楽しみにしてくれている。緊張するのか、言葉遣いまできれいになる」と言い、「こんな服で来てもええんやろか。恥ずかしいと言うお年寄りもいる」とか。「刺激にもなっているらしい初がま茶会。どうか、いつまでもお元気でいてほしい」と励ましていた。                                        (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.