天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

赤ちゃん犬と子どもたち

2010/12/20 12:03:43
赤ちゃん犬と子どもたち
 まんのう町吉野の小学2年生・吉本早伽(はやか)ちゃんと弟の航生(こうき)君(4)、歩夢(あゆむ)君(3)、妹の安那(あんな)ちゃん(2)の4人きょうだいは、生まれたばかりの4匹のワンちゃんを大事そうに見守っている。

 4匹は、みんな「女の子」ばかり。この子の1匹にはラブちゃんと言う名前をつけているとか。他の子たちには、まだ名前はつけられていない。

 「彼女」らのお母さん犬は半年ほど前、どこかからやって来て、早伽ちゃん家(ち)に居付き、名前はアイと名付けられている。そして、12月14日ごろに4匹のお母さんになったらしい。

 吉本家の子どもたちは、まだアイお母さんのおっぱいを飲んでいるかわいいラブちゃんたちを、珍しさも手伝って皆でかわいがっている。19日の日曜日には、学校がお休みの早伽ちゃんと一緒に、みんな仲良く赤ちゃん犬たちの周りに集まって大事そうに抱っこしたり、のぞき込んだりしていた。

 「お子さん4人! いいですねぇ、いい子ばっかりだし…」と言う私に「まだお腹(なか)にいるんですよ」と、子どもたちのママ久美子さん。来春1月、5人目が誕生とか。
 
 久美子さんは、生き物をかわいがる優しい子たちに喜びながらも、これから4匹の子犬たち全部をアイとともに、育てていくことに多少の不安もあるようだった。「おヨメにやるの?」と、言う知人の問いに「うーん、そうなるかもしれない」と、笑っていた。名前の決まらない理由(わけ)の一つなのかもしれない…。                                                (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.