天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

寄席の世界を楽しむ

2010/11/29 11:17:51
寄席の世界を楽しむ
 高松市の香川中央高校はこのほど、芸術鑑賞会を開いて創立記念日を祝った。毎年恒例の行事で、今年は落語家の桂雀三郎さんや太神楽(だいかぐら)の豊来家一輝さんらによる「落語会・寄席の世界」を鑑賞した。

 オープニングでは、林家染二さんが腕のちょっとした所作で動物を使い分けたり、扇子でうどんを食べるユニークな表現で落語の楽しさや見どころを解説。その後、桂こごろうさんの落語を楽しんだ後、寄席囃子に使われる三味線や鳴り物、笛など和楽器の紹介や、太鼓で四季を感じさせる擬音表現などが披露された。

 落語の所作や和楽器などのレクチャーの後は、数人の生徒がステージに上がり、「幽霊が出る場面」にチャレンジ、会場は大いに盛り上がった。続いて、古典曲芸の太神楽を豊来家一輝さんが披露。傘の上で鞠(まり)や升を回したり、土瓶を使った曲芸では熟練されたバランス芸に大きな拍手や歓声が送られた。

 最後は桂雀三郎さんによる落語の巧みな話術に引き込まれ、日本の古典芸能の深さや良さを新発見できる貴重な体験だった。                                           (田口 敦子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.