天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

琴平町文化祭にぎわう

2010/11/04 11:46:53
琴平町文化祭にぎわう
 琴平町のアクト(ACT)ことひら町立ギャラリーで、「第29回琴平町文化祭」(町文化協会主催、町・町教委共催)の作品展示が行われ、大勢の人が訪れて芸術の秋を満喫している。

 書道、絵画、写真など15の部門が1期から7期までに分かれ、各期が毎週木曜日から6日間ずつ展示。ギャラリーが休館となる毎週水曜日に、撤去と次期の展示を行うローテーションで実施中。

 会期は10月21日から12月7日までという、年に1度の大掛かりで、見事な作品発表になっている。

 すでに1期・書道、2期・絵画・写真部門は終了し、11月4日からは3期の陶芸、きり絵、俳句、文芸部門の作品が展示(9日まで)されている。4期以降の日程は次の通り。

 4期・11月11〜16日 婦人会
 5期・11月18〜23日 華道、絵手紙、押花
 6期・11月25〜30日 絵画(個)、教育委員会、お茶席
 7期・12月2〜7日   書道(同好会、教室など)

 作品類は、各自の好みに合わせた取り組みだけに、その出来栄えは素晴らしい。出展者はもとより、家族や友人、知人、親類らが会場に訪れ、作品に見入っては感嘆の声を上げていた。

 琴平小4年の島田ゆき音ちゃんと佐藤莉沙ちゃんは、大作の絵画の前で「すごいなぁ」「学校の先生のとはまた違う大きさ」「私も大人になったら作品を出したい」などと話しながら、目を輝かせていた。
 
 ほかの地区からの参観者は「このように、長期にわたる見事な作品展示はほかではなかなか見られない。良い会場のある琴平は幸せだ」と、いう声も聞かれた。開館時間は、午前9時から午後5時半まで。問い合わせは、同ギャラリー〈0877(73)2665〉まで。

 なお、琴平町文化祭芸能発表の部も11月21日午前10時から午後4時まで、町立文化会館で行われる予定。大正琴、リズムダンス、民謡、フォ―クダンス、吟詠、ピアノ教室、気功などの発表が盛大に開催されることになっている。関係者らは作品展示と併せ、大勢の参観を呼びかけている。                                       (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.