天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

高齢者の日常生活を体験

2010/10/13 10:22:48
高齢者の日常生活を体験
 三豊市山本町の大野小学校(福本常雄校長)体育館で10月4日、5年生23人を対象に福祉体験学習が行われた。三豊市社会福祉協議会の職員5人や地区の社会福祉協議会役員6人が指導・補助、児童たちの福祉への理解と関心を高めた。

 高齢者疑似体験コーナーでは、足首におもりをつけて足の動作の変化を体験した。さらに膝やひじ用サポーター、手首用おもり、ゴーグル、イヤーディフェンダーも着用。階段の上り下りをしたり、軍手をはいてペットボトルの栓を開けて水を注いだり、割りばしを使ってまめを容器に入れたり、タオルを干したりするなどして高齢者の日常生活を体験した。

 また、車いす利用者の日常を体験したり、アイマスクをつけて白杖(つえ)を使って視覚障害者の苦労を体験した。

 福本校長が「体験を通して私たちに出来ることは何かを考えてほしい。障害物を取り除いてあげることなど障害者、高齢者の気持ちになって、今日の体験を日常生活のうえで生かして下さい」とアドバイス。山川舞夏ちゃんは「見えないということは、不安で怖かった」。大平郁弥くんは「お年寄りを大切にしなければいけないと思った」と感想を話していた。                                          (藤川 和子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.