天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

老人パワーで清掃奉仕

2010/09/24 15:18:32
老人パワーで清掃奉仕
 高松市円座地区老人クラブ連合会(久利言会長、会員576人)は、猛暑から一転して朝夕が肌寒く感じる9月24日、校区内にある神社の境内や公園、コトデン円座駅周辺、国道32号地下道内外などの清掃を3グループに分かれて一斉に行った。

 この活動は、全国老人クラブ連合会のスローガンである「全国一斉社会奉仕の日」(9月20日)を中心に取り組む美化活動。クラブ員は、力を合わせた清掃作業で地域社会に奉仕と感謝の気持ちを表した。

 同連合会は、第1から第8まで八つの光明会で構成されている。そのうち第1と第5、第6の光明会は、老人つどいの家・円座荘の内外と土手周辺の清掃を行った。

 午前7時に草刈り機やかまなどの清掃用具を持って、クラブ員約60人が集合。草抜きや空き缶・空き瓶の回収、足場の悪い香東川の土手では重い草刈り機を使って、丈の長い草を刈り取るなど一生懸命作業に取り組んだ。

 全員で協力したかいあって、午前8時30分の終了予定時刻から30分も早く終わった。会員たちは、さわやかな秋風の中で心地よい汗をぬぐって、楽しく語り合いながら三々五々満足そうに帰っていった。

 事故もなく終わった活動に、第5光明会の橋本武会長は辺りを見渡しながら「大勢の力はすごい、見違えるほどきれいになった。猛暑のせいか今年は例年になく枯れ草が多かった」と満足そう。

 第6光明会の河西登会長は、少し心配そうな表情で「参加予定の会員の姿が見えないが、体調不良ではないと思う。きっと、忘れたのか…」と話していた。奉仕活動は会員相互の安全確認ときずなを深めることに大いに役立っているようだ。

 同連合会の奉仕活動は、全国一斉社会奉仕の日の9月20日が円座地区の敬老会のため、24日に延期していた。
(野網 則子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.