天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

手打ちうどんに挑戦

2010/09/13 10:21:23
手打ちうどんに挑戦
 三豊市三野町の町保健センターでこのほど、「石川うどんさんに習う うどん教室」があり、18人の親子らが手打ちうどん作りに挑戦した。

 大きなボウルに粉と塩水を入れて混ぜて練り、うどん団子を寝かせた。そこからは石川さんが朝練ったうどん玉を使用。大きなビニール袋に入れて足で踏み、伸ばした生地を麺(めん)棒でさらに伸ばして、麺切り台で麺を切り、ゆでる工程を体験した。

 教室には、ホーコク製粉(観音寺市)からうどんの粉と塩の提供があり、うどんに混ぜる塩水を作ったり、みんなが切ったうどんの太さによって違うゆで時間を指示してもらった。

 また、柄木田製粉大阪工場の人たちが「てんぷら美人」というおいしく天ぷらを揚げられる天ぷら粉を持参、上手な天ぷらの揚げ方を教えてくれた。

 また石川さんがお店で作る化学調味料を一切使わない秘伝のだしの作り方を実演。この白だしと秘密のかえしで「かけだし」と「つけだし」を作り、自分で作ったうどんを1杯ずつと天ぷらに舌鼓を打ち、自分で練ったうどん玉はおみやげに持って帰った。

 夏休みの思い出にと参加した小学5年生の岡根立樹君は「大変だったけど、自分で作ったうどんの味は最高。また食べたい」と満足そうだった。                                        (前山 由美子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.