天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

職場仲間の同窓会

2010/08/17 16:39:43
職場仲間の同窓会
 「暑い、暑い」を連発する7月23日、昔同じ職場に勤務していた有志が、琴平町内の旅館で同窓会を開き、旧交を温めた。

 独身時代からの先輩。初めての慣れない勤務で苦労していた時、頼もしいアドバイスをくれた。同期に近い努力家の苦労人。いつも集まりの声かけをしてくれる。

 長い間、子宝に恵まれなかった先輩の女性。10歳ほど年上だけど、私の初産と同時期に2人目の子供を出産。今も、若々しい姿を見せてくれた。

 2年前に退職し、地域に貢献をしている、いきいきとした若き後輩。時を経た今も、つい昨日のような昔に返った5人は、思い出話、近況、欠席している仲間たちの話に時を忘れた。

 連れ合いと死別したばかりの先輩に涙ぐみ、どうしてあげることもできない思いが悲しかった。2、3日前、不注意で手首を骨折したと言う先輩女性。だが、「皆に会いたい」と顔を出した。

 もう、何年になるだろう、この会を始めて。50年? 指折り数えたが、誰も正解が分からないほどだった。故人になった人も多い。今回、出席した人たちも、ほとんどが何かの病気を乗り越えていたり、体の不調部分があったり。やっぱり「健康第一」の結論が出た。

 書道に堪能な先輩が、出席者たちに心を込めた「一字額」をプレゼントしてくれた。それを抱いた記念の写真には、それぞれの思いが凝縮されているようだった。

 帰路、主人が下まで迎えに来てくれているという先輩に肩を貸し、金毘羅さんの石段を数十メートルほど降りた。汗が流れ、肩も痛かったが、なぜか苦痛ではなかった。次の会には、もっと大勢に会いたい。出席しよう! もちろん、私も…。                                                                      (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.