天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

「おばけユリ」にびっくり

2010/08/09 11:21:19
「おばけユリ」にびっくり
 観音寺市大野原支所の窓口に生けられた「おばけユリ」に来庁した市民らはびっくり、さっそくカメラに納めていた。

 このユリは、大野原町萩原の大福武志さん(65)の水田にある土地神さまのところに球根を植えて13年。今年は、45輪の花をつけた。

 大福さんは、保育所に通う孫たちのために水田の一角を菜園場として野菜づくりを始めた。奥さんは、「田んぼの神さまだから豊作を予祝して温かい気持ちになったのでは。地域の人たちにも見て、楽しんでもらえれば」と、支所へ持参した。

 県園芸総合センターによると「これはユリの帯化現象。普通は、茎から花が一つずつ分かれて咲くが、茎が扁平(平らな帯)になり、その部分から花が密生してたくさん咲く異常現象だ」と説明。多いものでは200近くも咲くことがあるようで「おばけユリ」とも言われている。この現象は、成長点が何らかの刺激によって、点から線状になるために起こると言われている。

 よく話題になる「1本に100輪以上の花をつけたユリ」は帯化品だ。ユリの場合、生理的栄養過剰と言われており、畑や庭などで栽培されている場合の特有現象で、特にヤマユリに多く出るようだ。                                          (窪田 利栄)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.