天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

「昆虫写真展」が人気

2010/08/09 10:28:10
「昆虫写真展」が人気
 まんのう町七箇の香川県満濃池森林公園にある森林学習展示館で、8月1日から「昆虫写真展」(香川県森林組合連合会主催)が開かれており、昆虫好きな子どもたちが大勢訪れている。

 香川町在住で、みんなでつくる自然史博物館・香川の高木真人理事(62)が昨年から今年にかけて、県内で撮影した身近な昆虫の生態写真を中心に展示している。

 生息地が少ないうえ、飛んでいる写真は特に撮りにくく、全国的にも珍しいと言われている「キイロヤマトンボが飛んでいる写真」(撮影地・香川町)。羽に多くの黒い波状の線があり、前羽の中央にはギョロリとした目玉のような紋のある「イボタガの成虫写真」(同・善通寺市我拝師山)などA4判のカラ―写真、29点が展示されている。

 昆虫図鑑のようなものだけではなく、カラフルな実物写真、ファンタスティックな芸術写真的なものまで見応え十分だ。写真として面白いのはトビモンオオエダシャク(同・まんのう町)の擬態ぶり、変わった葉の食べ方をするセスジスズメの幼虫(同・綾川町)など。

 この写真展は、子供たちを対象にした夏休みのイベント。身近に見られる昆虫の生態写真を観賞することで、自然や生き物に対する親しみをより深めてもらおうと開かれた。高木さんは「普段、あまり昆虫に興味のない人たちにも、身近にいる生き物たちがこんなにかわいいんだと、親しみをもってもらえればうれしい」と、来場を呼び掛けている。

 会期は31日まで。入館無料。開館は午前9時から午後6時まで。問い合わせは同館〈0877(78)3364〉。                                             (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.