天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

乳牛の削蹄作業

2010/07/20 11:02:16
乳牛の削蹄作業
 坂出市神谷町の牛舎でこのほど、森牛削蹄商会(本社・北海道標津郡中標津町)の技師・東狐渉さんと神戸営業所長の高野敬二さんが乳牛の削蹄(さくてい)作業をしていた。

 約半年ごとにディスクグラインダーで硬い角質になった爪、蹄(ひづめ)を削るのだが、相手は大きな牛、なかなか思うようには作業は進まないとか。一人前の技術を習得すには、個人差はあるものの3〜4年かかるそうだ。

 1頭にかかる時間は5〜10分。ここの牛舎では見事な手さばきで、12頭の削蹄をこなした。始めはいやがっていたのに、慣れて気持ちがよくなったのか、あくびをする牛もいた。                                                       (高坂 留美)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.