天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

かわいいタマリュウの花

2010/07/16 11:03:08
かわいいタマリュウの花
 まんのう町七箇、県営満濃池森林公園内の森林学習展示館周辺で、薄紫色した約7、8ミリの、かわいいタマリュウ(玉竜)の花が咲き始めた。

 この青い実を、昔の子供たちは「グダマ」と呼んで細い竹の中に詰め、同じ太さの竹で作った押し柄で飛ばし、「グダマデッポウ」と呼んで遊び親しんでいたという。

 タマリュウは、ユリ科・ジャノヒゲ属の常緑多年草。花期は、9〜10月だが、環境によっては6月ごろからも咲くところも。

 別名リュウノヒゲ(竜のひげ)とも呼び、約10センチの細い葉をたくさん出す。これが竜のひげに似ていることから、この名が付けられたらしい。

 花は総状花序に付き、実を各1個ずつ含んでいるが「成熟する前に破れて露出し、青色に熟す」と言われている。

 「あの青いグダマの花が、こんなにかわいかったのか!」と、昔グダマデッポウで遊んでいたと言うお年寄りが懐かしそうに花を眺めていた。                                             (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.