天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

折り紙で季節を楽しむ

2010/07/02 10:10:24
折り紙で季節を楽しむ
 高松市鬼無町のコミュニティーセンターで毎月1回、「創作折紙教室」が開かれ、受講生たちがオリジナル作品制作に励んでいる。

 講師の野崎初子さんは、ひな人形、こいのぼり、藤娘、アジサイと季節に合わせて題材をそろえ、受講者一人一人に丁寧に教えている。

 折り鶴が基本だそうで、四角や三角の和紙をパーツごとに折り、組み合わせて仕上げる。模様の出方や方向を工夫したり、小さなパーツを爪や竹串を使って折ったりと、受講生たちはパーツができるたびに、お手本を確認しながら進めていった。

 できあがると、平面だった紙とは思えない立体的な絵が色紙に浮かび上がる。
同じ題材でも全く同じものは二つとない。それも魅力のひとつとなっている。

 「家に飾ったり、プレゼントにしたりする」と、できあがった作品は季節を演出するのに役立っている。ある受講生は「先生、次回は何を作りますか?」と、創作意欲を沸かせていた。                                               (横倉 ゆみ)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.