天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

和泉さんのアジサイロード

2010/06/23 11:40:59
和泉さんのアジサイロード
 まんのう町塩入の和泉幸男さん(88)が、塩入温泉の近くにアジサイを植え始めて30年になる。

 栽培を始めた当時、塩入温泉は今より少し下方にあった。入浴をしながら花を眺めるのも風情があるだろうと考え、自分の水田のあぜに青いアジサイを植えたのが始まり。仕事先などできれいなアジサイを見かけた時には、穂をもらって植え足していった。

 平成13年に塩入温泉が現在の位置にリニューアルオープンして以来、浴場からは少し見にくい場所にはなったが、人気は衰えていない。知る人ぞ知る、アジサイの「隠れ名所」だ。

 和泉さんは、もっと色数を増やせば華やかさも増すだろうと考え、少しずつ補色。今では、少ない数のも入れると10種類にはなっているという。

 温泉駐車場内「行止」標識から下る山沿い道を数分歩くと、赤、青、赤紫などのアジサイが約200メートル続き、水田や緑の山々に鮮やかな彩りを添えている。

 「少し目立ちにくい所だが、また来年も見に来たい」と県外客。和泉さんは「今日はカメラマンが来ていた。この前は老人ホームから車いすで来てくれていた」と、声を弾ませる。

 「みなさんが見てくれるのが何よりうれしい、その姿を見るのが何より楽しみ」と目を細め、「草刈りや防除液の散布ぐらいは今年も自分でやった」と、元気な和泉さん。アジサイ作りは、大きな生きがいである。

 今年は日照りもあったが、花が水を必要とする時に雨がよく降り、おかげで花がひときわ美しいとか。和泉さんの汗と愛情が育てたアジサイロード。見ごろは天候にもよるが、6月末ごろまでという。                                                   (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.