天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

セッコクの花も人も好き!

2010/06/21 13:22:13
セッコクの花も人も好き!
 高松市塩江町上西の細井集落に住む藤澤吉正さん(82)の屋敷は標高800メートルの所にある。6月18日に訪ね、広い庭を一歩進むと突然甘い香りが漂ってきた。

 「何だろう?」と見渡すと、意外にも芳香の主は近くにいた。セッコクの花だった。薄紫色を帯びた白いセッコクの花が清楚(せいそ)に咲き誇り、傍らで農作業姿の藤澤さんがほほ笑んでいた。疲れも汗も吹き飛び心が癒やされた。

 文献によると、セッコクの花は単子葉植物ラン科。岩の上や大木に着生し、唇弁以外の5弁は卵状楕円形で、大きさも同じくらいで先端がとがっている─とあった。

 藤澤さんのセッコクも梅やクロマツの木に着生していた。10年前にセッコクの茎を木の肌に置き、その上に水ゴケをはりつけたそうだ。手間もかからず虫も来ないと言う。セッコクの生育にはぴったりの自然環境らしい。藤澤さんは「5月に咲き始めたが、6月いっぱいは咲いているだろう」と話す。

 山間部の生活環境は、病院通いや買い物などに不便らしいが、屋敷周辺には木々が茂り、トチの大木が実をつけて悠然と立っている。手入れの行き届いた斜面の畑には、コンギクやケイトウの苗が盆に向かってすくすくと育ち、ユキヤナギや南天の木々も元気いっぱい。

 親ツバメが盛んに玄関を出入りしている。「昨日、5羽のツバメが全部そろって巣立ってくれた」と、うれしそうに話す藤澤さん夫婦の優しさは、厳しい自然との共生から生まれたものらしく、まるで大きな絵画を見ているような光景だった。                                              (野網 則子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.