天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

白いセッコク

2010/06/09 13:14:21
白いセッコク
 まんのう町七箇の民家の玄関先で、マキの木に着生したセッコクが今年も白い花をさわやかに咲かせている。

 セッコクは、草丈が約20センチ、直径が5ミリほどの細い茎が群生する常緑の多年草で、森林の樹上や岩上に着生する単子葉類・ラン科。観賞用としても、江戸時代ころから、多くの品種が作られているという。

 5、6月ごろ、無数に伸びた細い茎の節々や先端に、3センチほどのさわやかな花を1、2個ずつ咲かせる。花は、かすかな芳香を放ち、暑くなり始めた初夏の庭に、すがすがしい涼感を添えてくれる。

 この民家では、数本のマキの木に、セッコクがいつの間にか着生し始めたとか。以来毎年、美しい花を咲かせ家人や訪れた人たちの目を楽しませている。                                       (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.