天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

宇多津古街づくりに意欲

2010/06/08 10:46:44
宇多津古街づくりに意欲
 宇多津町まちづくり委員会(多田義昭会長)は、「宇多津古街のまちづくり」に取り組んで今年で8年目になる。

 「自ら光り続けるまち」「誰のために 何のために なぜここに」をテーマに調査研究実験を続けている。今回初めて町内6カ所の地域コミュニティーに出かけ、活動報告会や懇談会を行い、まちづくりについて意見交換、理解と協力参加を呼び掛けた。

 6分科会(植栽、サイン、あかり、暮らし防災、商い、道)のメンバーは、大阪の芸術学博士・宮後博さんに町を見てもらい、「将来こんな町になってほしい」と活動内容を説明して、将来構想を絵にしてもらった。

 その絵をパワーポイントに写して協議。「塀を取り除いて、緑をほかと共有してみては」と植栽部会。サイン部会は標識や看板をなくす提案をした。あかり部会は「LEDを使用して、足元からの明かりや道路側の部屋の明かりをつけてみては」と提案。それぞれ短い持ち時間の中で精一杯訴えた。

 地元の人からは「夢みたいなところもあるが、十分理解できたし、協力できるところもある。すでに採用しているものもある」などの声があった。

 委員会のメンバーたちは「住みたくなる町宇多津町。住んで心地よい町宇多津町にするにはどうしたらいいか」と、さらにまちづくりへの意欲に燃えているようだった。                                          (宮下 恵子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.