天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

異国情緒醸すブラシノキ

2010/06/04 10:23:09
異国情緒醸すブラシノキ
 まんのう町春日の山際で、真紅のブラシノキが咲き、情熱的な異国情緒を醸し出している。

 オーストラリア原産で、明治時代中期に渡来。キンポウジュ、ハナマキ、カリステモンなどの別名も。観賞用に栽培されることが多いようだ。

 樹高約2メートル。花弁は緑色だが小さくて目立たず、赤くて長い花糸が目を引いている。赤い穂状花序の全体が、まるでブラシのように見えるところから、この名前が付いたと言われている。

 花序の先から枝が伸びているのは、この花の珍しい特徴とか。いつ、誰が、ここに植えたものか、今は知る人もいないようだ。ひっそりとした所に咲く真っ赤な花は、ひときわ鮮やかで、もの寂しささえ漂わせている。                                             (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.