天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

アートな散歩

2010/05/31 11:25:03
アートな散歩
 5月終わりの土曜日、フェリーに乗って直島へ行った。ベネッセハウス、地中美術館、家プロジェクトなどを見るのが主な目的。

 7月19日から10月31日まで「瀬戸内国際芸術祭2010」という瀬戸内の7つの島と高松を結んで催されるアートプロジェクトが予定されているが、あえて今の時期を選んだのは、じっくりと訪れたかったから。地中美術館はゆったりとした気持ちで入らないと、本当の良さがわからないかも…というのがわたしの感想。

 安藤忠雄氏設計の建物そのものがまず展示物ということで、コンクリート打ちっぱなしの館内には順路というものがなく、自由に見てまわることができる。が、方向音痴のわたしにはまるで迷路。突き当たりにぶつかったり、同じところに出てしまったり。

 展示物のひとつに、スタッフの指示に従って数人ずつで鑑賞する参加型の作品がある。それは美しくて幻想的で不思議な空間だった。この作品を見た時点で、はじめて「ここへきて良かった!」と思った。(それまでは鑑賞料2000円はちとお高すぎるのでは? と心の中でつぶやいていた)。

 家プロジェクトは、帰りのフェリーの時間が迫っていたので「はいしゃ」しか見ることができなかったが、町のいたるところにアートがちりばめられている直島。美しい海の景色もアートだな、と思いながらさよならした。(和泉 加奈江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.