天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

仁尾カルタ 完成間近

2010/05/24 16:07:38
仁尾カルタ 完成間近
 三豊市仁尾町の図書館ボランティア「あいびいず」=森一恵代表(58)=のメンバーが、仁尾カルタの制作に励んでいる。

 「あいびいず」は、仁尾町のシンボルともいえる蔦島の蔦にちなんで名付けている。会員は、女性ばかりの14人。毎月2回、図書館内で、子どもたちに本の読み聞かせをしている。

 会員らは、「仁尾町の文化や歴史を子どもたちに正しく楽しく知ってもらう方法はないか」と、話し合い、手軽に遊べるカルタを発案。昨年4月から町内で読み札となることばを募集したところ、小・中学校や一般から、たくさんの作品が寄せられた。

 集まった応募作の中から、だれでもすぐ分かる、ひらがなの「あ」から「わ」まで44枚の読み札のことばを選び出した。

 絵札は、同町の絵手紙講師・塩田悦子さん(63)が、ボランティアで44枚すべてを完成させた。絵は、一目見ただけで情景が浮かぶような、ほのぼのとした柔らかいタッチに仕上がっている。絵札の裏面には、読み札の説明文がある。新修仁尾町誌など6冊の文献を参考にしたそうだ。

 会員たちは、箱のデザインやカルタを1枚1枚丁寧にチェックしながら、活発な意見を交換し合って校正を重ねている。カルタのサイズは、縦10センチ、横8センチで紙箱入り。完成は6月中旬の予定。

 出来上がったカルタは、生徒や児童たちが活用できるように、町内の各学校へ寄贈する予定。一般にも市販し、9月の仁尾八朔人形まつりにも販売する計画も立てている。

 仁尾カルタの完成を前に、森代表は「子どもたちに仁尾が由緒ある歴史の町であることを知って、誇りにしてほしい。遠く市外にいる人は、すてきな故郷を思い出し、お年寄りたちには、いろんな集まりの場でカルタを楽しんでほしい」と、呼び掛けている。
(田井 あい子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.