天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

ラジオからのメッセージ

2010/05/13 14:48:03
 「おいしいものを食べておかなかったこと」。朝食の準備をしながら何げなく聞いていたラジオから、こんな声が耳に入ってきた。

 「えっ?」と、聞き耳をたてた。どうやら「医師」である語り手が「死を目前にした患者」から聞いたことがらを「死を自覚して意識すること」として、アナウンサーを相手に話をしているところらしかった。

 「自分のやりたいことをやらなかったこと」と続く。「思い」を行動に移さなかったことを、一様に悔やむと言う。

 さらに、「健康を大切にしなかったこと」「食事に気を付けるのも大切だが、人間ドックなどで健康チェックを怠ったこと」を残念がると言う。

 「愛する人に『ありがとう』を言えなかったこと」もよく聞くと言い、医師は、「『妻』に『娘』にと、ありがとうのインフレもダメだが…」と話を続けていた。

 現場の医師が末期を自覚した患者から聞いた生(なま)の声には、迫力があり説得力があった。もし、このラジオを聞いたり、このネットを読んでくれたリした人の中には「今、自分がやりたいこと、やるべきこと、今なら出来ること、今しか出来ないこと…。」などと、考えさせられる人もいるのではなかろうか。私のように…。

 ラジオからいいメッセージをもらったラッキーな朝だった。                                       (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.