天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

子どもたちが読み聞かせ

2010/05/10 12:08:33
子どもたちが読み聞かせ
 三豊市詫間町の町図書館(小林千芳館長)でこのほど、「子ども読み聞かせ発表会」があり、児童たちが感情豊かに本を読み聞かせた。

 この催しは、全国子ども読書週間の一環で初めての試み。詫間町には図書館などで子どもたちに読み聞かせをするボランティアが5グループあり、25人が図書館や小学校、幼稚園、保育園などで活動を行っている。

 発表会では、いつものようにボランティアが子どもたちに絵本などの読み聞かせをする予定だったが、今回は子どもたちに読み聞かせをやってもらおうと、図書館や学校で参加者を募集。町内すべての小学校から26人の児童の応募があった。

 子どもたちによる読み聞かせは、多くの人の前で絵本を読むことで表現力に自信がつく効果がある。大人になった時、自分の子どもなどに絵本を読んであげる人になってほしいという狙いもあり、運営、審査員などすべてをボランティアが行った。

 子どもたちは自分の思い入れのある絵本を選び、家で練習をしてこの日の発表に臨んだ。中には大型絵本を読む子どもや紙芝居を友達と二人で読む子どももいて、それぞれに個性豊かな発表となった。

 審査の結果、優秀賞は5組。一番得点の高かったのは詫間小学校3年の水野萌佳さん(8)。水野さんは「もうすぐ自分の番だと思うととても緊張したけど、うまくできてよかった。家では、お母さんに聞いてもらって練習した。特に声を大きくして読むことに気をつけた。工夫したのは、みんなにも声をそろえて読んでもらうところ」と練習の成果が認められ、晴れ晴れとした表情だった。                                         (前山 由美子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.