天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

プロレス通じお年寄りと交流

2010/04/23 10:20:10
プロレス通じお年寄りと交流
 東かがわ市馬篠のすばるグループホーム(長谷川勇理事長)で4月14日、プロレスごっこ研究会(中村成志代表)のメンバー3人が、ホームの入居者やデイサービス利用者12人を前にプロレスショーを披露、お年寄りたちは力いっぱいの連続技に歓声を上げていた。

 入居者らは、普段見たことがない迫真の技が目の前で繰り広げられ、思わず「危ないよ」「骨が折れるよ」など、われを忘れて声をかけていた。ショーの合間には中村代表(24)らが、見物者一人ひとりにやさしく声をかけながら握手をして回り、交流を図っていた。

 同研究会は、ホーム職員の中村代表が「毎日顔を合わせる入居者らにプロレスを通じて、家族と同じようにコミュニケーションが図れれば」と2年前に設立。現在メンバーは、ホーム職員の岩本忠明さん(24)と、九十九勇樹さん(22)=アミーユよんでん栗林職員=の若者3人で、これまでホームでショーを4回行っている。

 メンバーたちは「介護士の仕事は、僕たちの誇り。楽しいショーをこれからも続け、お年寄り一人ひとりと家族みたいに気持ちを共有していきたい」と張り切っていた。

 長谷川理事長は「この若者たちの温かい心とエネルギッシュな活動が、ホームの入居者や利用者のエネルギーになっている」と目を細めていた。                                           (永峰 絹江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.