天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

生きがいで認知症予防を

2010/04/19 10:49:22
生きがいで認知症予防を
 善通寺市大麻町の大杉脳神経外科と隣接する総合介護施設「まおの里」で「早期の認知症は防げる 治せる」や「生きがいで認知症予防」などのテーマで定期的に講演会が行われている。

 講師は、浜松早期認知症研究所の金子満雄所長。2カ月に1回、認知症防止への専門的なアドバイスに大勢の人が耳を傾けている。

 金子所長は講演を前に、バイオリンを弾き「赤とんぼ」「青い山脈」などを聴衆と一緒に歌ってリラックス。講演では「認知症が始まる前であれば、いくらでも予防が可能。発症後2、3年の軽い時期に見つけると、脳リハビリで、脳の働きを回復させ、5年も10年も維持することができる」と解説した。

 また「認知症の原因は、ほとんどが生活習慣病」と、これまで診察した3万人の患者の事例を紹介。「自分の心を豊かにする生きがいや趣味の時間を持って予防を」と呼び掛けながら、家族のだんらんの大切さを強調。参加者たちは真剣な表情で講演に聴き入っていた。次回の講演は、6月8日午前9時からの予定。参加は無料。                                     (内田 孝子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.