天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

ホタルの幼虫放流

2010/03/10 10:39:10
ホタルの幼虫放流
 美しいホタルの乱舞が見られますように…。高松市香川町の大野ホタル保存会(富田道教会長)のメンバーと大野小学校児童、地域の人たち合わせて約70人が3月7日、竹林出水でホタルの幼虫約100匹を放流した。

 出水周辺は、これまでアジサイやスイセン、ヒガンバナなどを植栽したり、木製の階段を作成。2月14日には、保存会のメンバーが桜を植樹するなど、ホタルと人が共存する環境づくりを進めている。

 ホタルの幼虫は大野公民館と同小学校4年生が飼育。この日放流に参加した横山翔太君は「ホタルの幼虫を川に放流してあげて楽しかった。早くホタルが飛ぶのを見たい」と期待に胸を膨らませていた。

 また、保存会のメンバーは「大野の宝を大切にし、ずっと守っていきたい。家族の人たちと一緒に見に来てください」と呼び掛け。放流したホタルは、6月ごろから飛び始めるという。メンバーらは「ホタルの乱舞が観察できますように」と成長を願っていた。                                   
(山内 美千代)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.