天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

「みまもりボランティア」発足

2010/02/22 12:56:51
「みまもりボランティア」発足
 「できる時に、できることを、子どもの笑顔を守ろう」をスローガンに、高松市の円座小学校PTA、円座コミュニティー協議会の校区青少年健全育成住民会議などが一丸となり、円座校区に「みまもりボランティア」を発足させた。2月21日に円座コミュニティーセンターで住民約50人が集まって発会式を行い、子どもたちの安全で安心な環境づくりを誓い合った。

 今後は、円座小学校PTAのイーペアレンツの保護者らと各団体が連携して子どもたちの登下校や外出時の安全確保に取り組むことを確認した。円座小学校の岸本律子校長は「地域住民の応援は大変うれしい。下校時の安全、特に低学年の児童が安心して下校できるよう見守ってほしい」と期待した。

 発会式終了後、県教委保健体育課の地域学校安全指導員、宮崎唯幸さんと高松南署生活安全課の森上章子さんの2人を講師に迎えて「みまもりボランティア研修会」を開き、パトロールのノウハウを学んだ。

 宮崎さんは「スクールガードリーダーの見た円座校区の安全」と題して、過去の事例を紹介しながら「安全対策には人と人のつながりが重要」とパトロールのコツを披露。森上さんは「地域安全パトロールの心構え」と題して講話し、「パトロールには笑顔と行動力が大切」とアドバイスした。ボランティアのメンバーたちは「地域の安全は地域の住民で守ろう」とメモをとりながら団結を強めていた。              
(野網 則子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.